腎不全の治療には厳しい食事制限も含まれる

腎不全の治療にとって食事の管理は最大のポイント

腎不全は食事を管理しながら治療を!

腎臓の機能を考えれば腎不全の治療で食事制限を行うことは妥当

腎不全の治療で、末期腎不全のレベルにまで悪化してしまうと、これはもう人工透析を甘んじて受け入れるより仕方がないと考える患者さんは意外と多いです。しかし逆に、透析治療が必要になるレベルにまではなっていないにもかかわらず、食事制限だけは必要になるということに納得できない患者さんも意外と多かったりします。

確かに、腎不全の治療の一環として行われる食事制限は、非常に厳密を要する厳しいものになるケースが多いです。それだけに、好きなものを食べることもできなければ、お腹いっぱいになるまで食べることもできず、食べられないという以外にも、食事の管理に時間やお金や神経をつかわなければなりません。

しかし腎不全の治療の一環として食事制限を取り入れなければならないことは、腎臓の機能を考えれば明らかです。腎不全の治療としての食事制限に納得していただくためにも、まずは腎臓の機能を簡単に知っていただきたいと思います。

腎臓の機能と食事制限の関係

腎臓の機能は、老廃物を排泄する役割であると説明されますが、この老廃物というのは、たんぱく質を代謝する際に生じる物質です。つまり、たんぱく質のうち、必要な部分はすべて体内に取り込み、不要になった部分はすべて尿として排出するのが腎臓の主な機能になると考えて問題ありません。

またたんぱく質以外にも、余剰な水分や塩分を排出することも、腎臓が担わなければならない非常に重要な役割です。つまり、腎不全を発症すると、たんぱく質の代謝による不要物や、余分な塩分や水分を正常に排出することができなくなってしまうのです。

人工透析を行うのであれば、腎機能を損なった腎臓の代わりに、人工透析でそうした老廃物を排出したのと同様の効果(つまりは血清の効果)が得られますが、人工透析治療を行わずに腎不全の対策を講じるとするならば、やはりそこは食事によってたんぱく質や塩分の摂取が通常どおりに行われてしまうと、老廃物の排出が十分に行われない事態が生じることを前提として考える必要があります。

この事態を回避するためには、どうしてもたんぱく質や塩分摂取を制限する以外にありません。では、そのためにはどうすればよいのかというと、やはりたんぱく質や塩分が含まれている食事は極力控えるという対処しか残されていません。つまり、食事制限です。

たいていの食品にはたんぱく質も塩分も含まれていますので、腎不全の治療として行う食事制限は、患者さんにとってはどうにも納得できないレベルの厳しいものになってしまう可能性が高まるのです。